熊本県産 就労継続支援A型事業所 サポートこやなぎ株式会社

2014.10~
 
 
サポートこやなぎ TOP




サポートこやなぎ株式会社
は、就労継続支援A型事業所です。

弊社は、社員と利用者さんの信頼の絆を深め、「共に働く喜び」を大切に育みながら日々の業務に携わっています。


また、熊本県や山鹿市の地元企業の、そして住民の方々のお力を借りながら地域に根差した福祉事業に取り組んでおり、現在は中分田ファームと共同で商品開発も進めています。人と人とのつながりこそ会社の、そして地域の財産!温かいコミュニティ作りを目指します。




 2024年 サポートこやなぎからのお知らせ

 定番のベビーリーフを中心に、こやなぎおすすめ商品の
オンラインショップです。是非ご利用ください。

幻の大豆は
こちら! 
 みさお大豆 八天狗

6月 

年々暑くなってきている夏ですが、体調管理も難しくなってきています。この暑さに立ち向かうにはやはり食事の管理が大事になってきます。

夏に不足しがちな栄養素は、ビタミン類のビタミンB1・ビタミンCや良質なタンパク質、ミネラル分です。 

疲労回復に必要なのがビタミンB1。しかしビタミンB1は夏の暑さで汗と共にながれてしまいやすいのです。豚肉やアボカド、卵に多く含まれています。ストレス軽減のホルモンを合成するのがビタミンCです。ストレスが多いと沢山のビタミンCを消費します。 じゃが芋やカラーピーマンなど、果物と野菜を多く必要とします。 

良質なタンパク質は、必須アミノ酸のバランスが大事です。肉類・魚類・大豆製品などに多く含まれています。

肉・魚料理と一緒にいただきたいのが野菜です。しかし野菜に含まれるビタミンCは火を通すと壊れてしまいます。夏の暑い日には火を使わず、生野菜、サラダをが良いですね。

さっと水で洗い、切って盛り付ける。キャベツやレタス、ベビーリーフ等。旬のトマトやキュウリ、トウモロコシ等見た目にも鮮やかで食卓も賑やかになります。 後は好みのドレッシングを用意するだけです。 献立は自由です。 

良質なタンパク質を多く含む鳥のささみは、低脂肪なのでうれしい組み合わせです。 

また、大豆とひじきの炊き込み御飯もおすすめです。 ひじきは血圧上昇を防ぐ水溶性の食物繊維が豊富で、体の熱を冷ましてくれす。消化を助け手くれるのが大豆です。大豆は血圧の降下を促します。

大豆とひじきの組み合わせることで、ひじきに含まれるミネラル分(カルシウムや鉄)を効率よく吸収してくれるのです。


2023年の決算報告書です

5月    
 

5月~6月にかけて咲く花、スズランについて紹介します。 ご存じのとおり、鈴の形をした小さく白い花が段々についている可愛らしい花です。

香水にされるほど香りも良く、癒され親しまれています。 

北海道などでみられるスズラン自生地ですが、熊本にも阿蘇波野にスズラン自生地があります。5月中旬~後半にかけてスズランを楽しむことができます。県外からも足を運ばれる方も多いようです。


 

4月

 "春のデトックス"とよく聞きますがどのようなことかごぞんじですしょうか?
冬から春にかけて体調不良、肌トラブルやめまい、便秘など経験ある方も多いはず。 こ

老廃物とは体内で必要とされなくなった不要物、老廃物を体外に排出する事が必要です。 春のデトックスが良いとされるのは、冬が一番老廃物がたまりやすい季節だからです。
夏は暑く汗をかきやすいですが冬は寒いので汗をかきにくい。冬は春夏秋に比べて寒く活動も減り、運動も控えてしまいがちです。冬から春にかけてのデトックスが良いのはこのような理由からです。

春の食材はデトックス作用の高い食材が多く 、たけのこは、むくみの原因となるナトリウムや余分な水分排出に必要なカリウムと食物繊維が豊富に含まれています。

ふきのとうは、独特の苦みと風味が特徴です。苦みの植物性アルカノイドは腎臓の働きを助てくれます。たけのこと同じくカリウム、食物繊維も多く含まれています。

体内の有害物質を包み込み吸収を抑える食材。 硫黄化合物を含むにんにくや玉ねぎ等のネギ類等。 有害物質を無毒化の補助食材はブロッコリー、キャベツ、大根などのアブラナ科の野菜。 有害物質の体外への排出を促す食材は、食物繊維を多く含むごぼう、きのこ類、海藻類。

ただし、解毒が良いからと春の食材たけのこやフキノトウなどを食べすぎないように注意しましょう。

デトックスで元気な身体で楽しく毎日を迎えたいですね。


3月  

寒かった冬から暖かい春へ。それと同時に桜や菜の花が咲くシーズンを迎えます。
日本人の好なお花見も楽しみになってきます。
この花見にも由来があるようです。田んぼの神様は冬の時期は寒い山に登っているそうで、暖かくなる桜が咲く季節には村へ帰って来られる田んぼの神様をお迎えするという事がお花見の由来だそうです。
桜の木を囲んでお酒や美味しい食べ物を用意し、田んぼの神様をおもてなししていたのですね。
ほっこりする日本人らしいお話です。


 2月  

2月のイベントと言えば?
1番に思いつくのは、2月3日節分の日や2月14日はバレンタインデーだと思います。今回は2月22日のイベントを紹介します。 そうです!猫の日です。ニャンニャンニャン、" 2 2 2 "とゴロ合わせで決まったとは言え、猫好きには気になる特別な日?!です。

 猫の鳴き声より、" ニャン=2 ニャン=2 ニャン=2 "の語呂合わせで2月22日に決まったようです。猫と一緒に暮らすことで癒しや楽しみをくれる!猫と一緒に暮らす事が幸せである、このことに感謝する日でもあるのです。健康で長生きしてもらうために、猫の健康診断の日でもあるのです。

3月1日 サビ猫の日「3=さ 1=び」
3月22日 キジ猫の日 「雉(キジ)が国鳥に選定された日より由来」
3月22日 さくら猫の日「3=さ 2=ニャン 2=ニャン」
5月25日 保護猫の日「0525→ 0=ほ 5=ご 2=ニャン 2=ニャン」
9月29日 招き猫の日「9=來る 2=ふ 9=く」

 
捨てられ野良猫になってしまった。
身勝手な理由で等で飼えなくなり保護された保護猫達が沢山います。
さくら猫は、猫を捕獲し避妊・去勢手術をし耳をさくらの形にカットした「さくら耳」の野良猫のことです。今の保護猫の状況やさくら猫のことをもっと多くの人に知ってもらいたい、そんな理由もあり猫の日があるのです。もちろん犬の日「11月1日」もあります。
家族であるペット。可愛いく癒しも与えてくれます。家族として迎えるペット達の現状を知り、人と動物が一緒に幸せに暮らす事が出來るように、考えていかなくてはと思うのです。

 1月

 
 

十 穀 米 こちらで購入

※ 雑穀米について

※ 雑穀粥について  


サポートこやなぎからのお知らせ TOP



★☆★☆★こやなぎ勧め!☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こやなぎの煎り大豆は、丸粒、半砕き、粗挽、細挽と粒の大きさ 4種類ご用意しています。

更にその大豆を使ったレシピもホームページで紹介しています。香り高い風味と上品な甘味の煎り大豆をご賞味ください

『煎り大豆』は、温泉プラザ山鹿の「ふるさと市場」JAかもと「夢大地館」、道の駅「水辺プラザかもと」等で販売しています

ショップこやなぎで購入できます!  
クリック!→→ 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



















 サポートこやなぎお知らせ履歴
◇2024◇
◇2023◇
◇2022◇
**決算報告書 他**
サポートこやなぎ TOP 
 Copyright (C)  All Rights Reserved
 【PR】  @熊本 工藤工務店